2016年9月9日

お墓ができるまで

 目 次


・  お墓ができるまで


・  お墓のデザインを考える


・  お墓のリフォーム


・  施工事例


・  終活とは

 


 

 

 

お墓ができるまで

 

1 まずはご連絡を・・

 

お電話やメールにて「わからないこと」でも構いません。お気軽にお問い合わせ下さい。

また、直接、ご来店頂いても構いません。

お墓の修理のこと、新たにお墓を建てる準備のこと、戒名の追加彫刻のことなど、お墓に関わることを

ご相談頂ければ幸いです。

 

お問い合わせ先 → TEL 022-366-2340

 


 

2 ご来店頂きお話を伺います

 

新たにお墓を建てようかという場合‥ わからないことがたくさんあるものと思います。

一生に一度あるかないかの大変なことですから、よくご相談をされ、納得されてからお墓づくりをお進め下さい。

ご相談には費用はかかりませんのでご安心下さい。

また、ご相談後、ご自宅へ勧誘のお電話や訪問などは致しません。

そして、ご相談の際には、「この店は、石のプロフェッショナルなのか?」どうか、

「まかせて大丈夫か?」を見極めて頂くことも大切なことと思います。

 


 

3 打ち合わせ

 

具体的なお墓づくりをご検討いただく場合、下記のようなお話をさせて頂きます。

①いつごろまでにお墓を完成させたいのか

②墓地はすでにご用意されているのか

③墓石で使用する石材へのご希望(色・産地・デザイン・仕様等)はあるのか

④何かお墓へ込めたい思いやお気持ちがあるのか

など、お客様のお考えやご事情を十二分にお聞かせ頂き打ち合わせをさせて頂きます。

 


 

4 弊社からもご提案させて頂きます

 

お客様と墓地にて具体的なご要望なども伺い、何度かの打ち合わせをさせて頂いた後、ご提案の図案を提出させて頂きます。

墓地の環境はどうか、どのようなお墓がすでに建っているのかなども考慮し、ご提案をさせて頂きます。

よくお客様からは下記のようなお声を多く頂きます。

①この墓地に無い様なデザインはできるの?

②隣のお墓より、少し大きい方がいい

③掃除道具やお線香を入れられるものがあればいい

④草が生えないようにできる?

⑤腰掛があれば便利だよね

など、お墓が建った後の使い勝手の部分も十分に打ち合わせをさせて頂き、ご提案させて頂きます。

 


 

5 図案の決定

 

墓地の寸法やその環境に合わせ、また、お客様のご要望を取り入れた図案を提出致します。

お客様に具体的な図案をお示し、打ち合わせを重ね、ご希望のデザインや仕様をより具現化していきます。

墓石のデザインや仕様の他に、その墓石に刻む言葉や文字、イメージ図なども併せてご検討頂きます。

また、墓石の色の組み合わせなどは、CADより作図した図面にてご覧頂けます。

 

お客様にご納得頂くまで打ち合わせをさせて頂きます。

最終的には、CADによる詳細図面、カラーイメージ外観図、文字レイアウトと御見積書をセットにして

ご提案、お見積りをさせて頂きます。

 


 

cad-2

%e5%ae%8c%e6%88%90cad2

CAD線図面           CADカラー図面           完成写真

%e8%8f%8a%e5%9c%b0%e5%ae%b6%e6%9b%b8%e4%bd%93                        書体を選んで頂きます

%e8%93%ae%e8%8f%af%e5%8e%9f%e7%a8%bf%e8%93%ae%e8%8f%af%e5%bd%ab%e5%88%bb

 

上記のようなイラストでも職人の技により影彫りにすることができます。


 

6 ご使用する石材を決めて頂きます

 

墓石に使用する御影石は、日本で採掘されるものからスウェーデン、インド、アフリカ、中国など色々な地域で産出される石材を使用します。

お客様のお好みの色や模様の石材、また、私どもがお勧めするいわゆる「良い石」と言われる艶があり硬質な石材など、数多くあるサンプル石の中からお選び頂けます。

また石材の種類により、大きくお見積りの金額が変わります。墓石のデザイン、石の色、お墓の建立時期、ご予算など、お墓を建てるにあたって色々ご検討頂き、ご納得頂いてご注文下さればと思います。

 

 

isi

 


 

7 ご注文から約2カ月程でお引き渡しができます

 

お急ぎの場合や別途期日を定めた場合以外は、ご注文からおおよそ2カ月程でお墓のお引き渡しができます。

その間に必要書類の作成と提出、お寺様へのご挨拶、納骨・開眼供養の打ち合わせなどをさせて頂きます。

 


 

8 施工

 

お客様との打ち合わせに基づき 基礎工事 から始まります。

基礎工事の流れ

床掘 300mm 地面より掘下げます

砕石を100mm敷詰めます

砕石の上から天圧をかけます

10mm異形鉄筋 200角ピッチで敷詰めます

生コンを入れる前の状況です

鉄筋の間隔は200mm×200mm間隔です

コンクリートの厚みは210mm

生コンはバイブレターにて内部の気泡を抜きその密度を上げます

表面を仕上げ、1~2週間の養生期間をとります

 

外柵の胴石をまわします

水平器と曲がり差しとで、石の水平と直角を保ちます

石のつなぎ目や基礎コンクリと胴石つなぐ目は、ステンレス製の金具で固定します

石製のカロートはさらに石で補強します

厚さ60mmの貼り石を貼り、外柵の補強をします

墓石のつなぎ目は、耐震ボンドと金具で補強します

 

 

次はお墓のデザインを考えてみましょう → 弊社独自のkoyodesign